ガンプラとガレージキットの違いと買取業者に高く売るためのコツとは?

ガンダム1

数あるロボットアニメの中でも一世を風靡したものの一つにガンダムがあります。その人気の高さゆえに、プラモデルやガレージキットが数多く存在しているわけですが、両者の違いを正確に理解している方はそれほど多くはないのではないでしょうか。

そこで以下では、それらの違いについて詳しく見た上で、買取業者に高額で買い取ってもらうためのコツについても説明することにします。

プラモデルとガレージキットの違いとは?

まず最初に、ガンプラに代表されるプラモデルとガレージキットの違いについて見ておくことにしましょう。結論から先に言ってしまうと、両者の違いはその作り方の差にあります。具体的には、プラモデルの場合には、あらかじめ用意された金型にプラスティックの原料などを流し込んで固めることによって各パーツを作っていくのに対し、ガレージキットの場合にはゴムのように柔らかい素材であるシリコンにレジンキャストと呼ばれる原料を流し込むことによってパーツの型取りを行うのです。

そのため、前者は大量生産が容易であるのに対し、後者は基本的には一つ一つの作品を手作業で製作することになるためまったく同じものを複製することが困難であるという特徴があります。また、プラモデルとガレージキットはパーツの組み立て方も異なっています。

プラモデルの場合は、接着剤を使わずに説明書の指示通りにパーツを組み立てていけば完成させることができるのに対し、ガレージキットの場合には、パーツの接合面を摺り合わせたり、針金で補強したり、余分な隙間を粘土で埋めたりといった作業が組み立てる際には必要となります。

また、色を塗らなくてもそれなりに見栄えのするものが多いプラモデルに対し、ガレージキットの場合には基本的に着色も自分で行わなければなりません。そのため、ガレージキットの方がより自分の個性を発揮しやすいということもできるでしょう。

なお、ガレージキットの語源は、文字通りガレージにこもって集中してフィギュアを作成することに由来しています。周りの喧騒に邪魔されずに製作に没頭することができる奥の深さが、ガレージキットの魅力であるといえるでしょう。

ガンダムのプラモデルについて

ガンダム3

プラモデルやガレージキットは、人気のアニメであれば必ずといっていいほど、その登場人物などを対象としたものが製造、販売されます。1979年に第一作が公開されたガンダムも例外ではなく、その後に公開されたZガンダムやZZガンダム、ガンダムシードといったシリーズごとに数多くの作品が世に送り出されました。

なかでも、ガンダムのプラモデルは「ガンプラ」という略称で親しまれています。もともとは、原作に搭乗したガンダムやザクといったモビルスーツの形状を正確に模したものが主流でしたが、1980年代後半に形状をデフォルメしたBB戦士というプラモデルシリーズが登場してからは、その製作の手軽さとかわいい見た目がから、小学生の間で爆発的な人気を集め、一時はガンプラといえばBB戦士を想起させるほどの一大ブームを巻き起こしました。

一方、昔ながらのリアルなプラモデルも大人を中心に根強い人気を集めています。

ガンダムのガレージキットについて

ガンダム4

ガレージキットについては、もともとはプロモデラーがあらかじめ形状が決まっているプラモデルでは飽き足らずに、作り始めたのがきっかけです。

シリコンを用いて柔らかな曲線を生み出すことが可能であることから、ロボットだけでなくアニメの登場人物や動物などを対象としたものも多く作られました。やがて、フィギュアブームが到来すると、完成度が高いガレージキットは高い人気を集めるようになり、一部の完成品は高額で取引されるなどビジネスとしても注目される存在となったのです。

特に、ガンダムには美しい女性キャラが数多く登場するのですが、彼女らを対象としたガレージキットは特に高額で取引されています。

ガンプラを高く売るためのコツとは?

このように、ガンダムのプラモデルとガレージキットは、いずれも高い人気を有する商品なのですが、これらをなるべく高値で買取業者に売却するためにはいくつかのコツを知っておく必要があります。そこでまずはガンプラの高額売却のコツについて見てみることにしましょう。

プラモデルの買取価格を決める要素は、キットの状態、人気度と相場、売却時期の主に3つです。一つ目のキットの状態というのは、プラモデルの各パーツが欠けていたり、破損していたりしていないかということで、破損までいかなくてもちょっとした傷があるだけで値下がり要因となってしまいます。

そのため、いずれ売却するかもしれないということであれば、常日頃からプラモデルを丁寧に扱う習慣をつけておくことが必要です。二つ目の人気度と相場については、売ろうとしているプラモデルのモデルが人気の高いものかどうか、またもともとの相場が高い商品かどうかがポイントとなります。

人気のキャラクターを模したプラモデルであればそれだけ査定価格も高額になりやすいですし、プレミアムがついていたりして取引相場が高い商品であればあるほど、買取価格は高騰することになります。そのため、貴重なプログラムが手元にあるという場合には、なるべく捨てずにとっておくと将来思わぬ高値で売却できるかもしれません。

三つ目の売却時期というのは、売りたいプラモデルの原作の人気が高まっているタイミングを見計らって売りに出すと高額での買取が期待できるということです。アニメは時代によって人気が上下する傾向にあることから、人気が高まっている時期には、関連商品の取引価格も高騰するのが通常です。

そのため、特に急いで売りに出す必要がないのであれば、買取を依頼する前に、原作が流行しているかどうかをチェックしておくとよいでしょう。

(ガンプラの素組みでも買取は可能か)

ガレージキットを高く売るためのコツとは?

続いて、ガレージキットを高く売るためのコツですが、基本的にはプラモデルの場合と同様です。すなわち、良い状態に保つこと、対象が人気のキャラクターであるものを売るようにすること、原作の人気が高まっている時期を見計らって売りに出すことといったことを守れば、買取業者に高額で買い取ってもらうことができるでしょう。

それに加えて、ガレージキットの場合には、商品の精巧性も高値買取の重要な要素となります。プラモデルと違ってガレージキットは商品によって作りの精巧さにばらつきがあるのですが、精巧であればあるほど買取価格は高くなってきます。

そのためガレージキットを購入する場合には、売るときのことを考えて多少値段は高くてもより精巧な作りの商品を選ぶようにすると良いでしょう。